なぜ抜ける?女性の抜け毛の原因はこれ!

こちら キャンペーン情報はこちら! 馬油シャンプー2415円がタダ♪

こちら キャンペーン情報はこちら! 特許取得養毛料!全額返金保証有

イメージ左

女性の抜け毛 6つのタイプ

びまん性脱毛症

女性の薄毛の典型的なタイプです。男性型脱毛のように生え際が後退したり頭頂部が薄くなったりということは無く、髪全体が薄くなり脱毛部分がはっきりしない状態です。
原因としては、加齢・ストレス・極端なダイエット・間違ったヘアケアなど様々です。
分娩後脱毛症(産後脱毛)

妊娠後期には出産に備えて女性ホルモンが増加します。結果、抜け毛が減少し多くの頭髪が成長期を維持しています。出産後にホルモンバランスが正常に戻った時に、本来は妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一斉に休止期に入ることにより大量の抜け毛が発生した状態。

牽引性脱毛症

長時間にわたり髪をきつく縛ることにより頭皮の決まった部分に負担がかかり、その部分だけに抜け毛が発生する状態。髪の分け目や強く引っ張った部分に起こり、ポニーテール脱毛とも呼ばれる。

円形脱毛症

ストレスの代名詞的な印象がありますが、いまのところ科学的な根拠はありません。自己免疫疾患の一種で自分の毛根をリンパ球が攻撃することによって起こる脱毛症。

脂漏性脱毛症

頭皮の皮脂の過剰分泌によって抜け毛が発生します。脂質の少ない食生活・正しいシャンプーを心がけることで改善します。皮膚炎を起こしている場合は医師の診断を受けることをおすすめします。

ひこう性脱毛症

フケが毛穴を塞ぐことによって炎症が発生し、髪が成長できなくなっている状態。シャンプーのし過ぎにより皮脂を落としすぎ、逆に皮脂の過剰分泌を起こしている状態。



女性の抜け毛対策こちら こんな美髪習慣で抜け毛を防ごう!

女性の抜け毛予防 まずは正しい頭皮ケア

イメージ左

育毛のカギは頭皮にあった

毛髪は頭皮の中の「毛根」で毛母細胞が活発に分裂することによって育ちます。毛母細胞の分裂には毛母血管から届けられる栄養が必要です。

髪の毛の伸びる速さは、平均一日に0,35〜0,4mmと言われています。体の中でこんなに早く成長する細胞は他にはありません。

その分豊富な栄養が必要になります。逆に考えると栄養が不足すると、すぐに髪が成長しにくくなりヘアサイクルが乱れて薄毛になってしまいます。

ヘアサイクルの乱れが抜け毛に影響

人間の髪の毛は10万本あると言われていますが、一日に80本から100本くらいは抜け落ちます。それでも髪の毛が一定の量を保っているのは何故でしょう。毛母細胞から生まれた毛髪はどんどん成長していきますが、やがて寿命を迎えて自然と抜け落ちます。

通常は発毛から2〜6年の間に成長を続けます。髪が一定量を保っていられるのは次から次へと発毛してくるからです。古い髪が抜け、新毛が生えてくるという一連の流れをヘアサイクルと言います。正常なヘアサイクルが保たれていれば髪全体の量は一定に保たれます。

様々な原因でヘアサイクルが乱れると髪全体の量が少なくなってきます。ヘアサイクルが短期化すると抜ける髪が増え、発毛する髪が減ります。この状態を繰り返していると、髪全体が細くなり、ついには髪が生えなくなってしまうこともあります。このように抜け毛解消の鍵はヘアサイクルの正常化が大事になってきます。

硬く、乾いた畑に植物が育ちにくいように

「髪と頭皮」は「植物と土」に置き換えることができます。乾燥した硬い土に植物が育ちにくいように、乾燥した硬い頭皮に健康な髪は育ちません。土が硬いと根が張りにくく植物に水や栄養が届きにくくなるのと同様に、頭皮が硬いと髪の成長に必要な栄養が毛根にまで届かないのです。

よく耕された柔らかい土には、しっかり根が張り水や栄養が染み込み、植物がぐんぐん成長していくように、柔らかい頭皮には元気な毛髪が育ちやすくなります。

血行の悪い頭皮は育毛の大敵

人間の肌は、加齢やストレスにより弾力性がなくなり血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると髪の成長に必要な栄養が頭皮まで届きにくくなります。髪は毛乳頭が毛細血管から栄養をを取り込みながら毛母細胞に髪の毛を作る指示を出し、これにより毛母細胞がが分裂を繰り返し髪となって成長していきます。

すこやかな髪の成長には、すこやかで柔らかな頭皮が大切です。そして、髪の成長に必要な栄養をたっぷりと毛根に届ける必要があります。

抜け毛をやさないためにこちら ストレスケア(心の処方箋)

女性の抜け毛対策のためのシャンプー選び

キーワードを含め紹介(左より画像)



抜け毛が気になりだしたら、殆どの人が最初に取り組むのはシャンプー選びではないでしょうか?

最近は育毛シャンプーのラインナップが非常に充実していますが、知名度やブランド、キャッチコピーに惹かれてシャンプー選びをしていませんか?

育毛シャンプーとはいうものの、シャンプーに発毛促進効果は期待出来ません。


シャンプー選びのポイント

シャンプー選びのポイントは頭皮にあったものを選ぶことです。いくら指通りが良くても頭皮の状態が悪くなるなら変えるべきでしょう。はじめてシャンプーを選ぶときは小さいボトルを選んで頭皮に合うかどうかを確認してみると良いでしょう。

判断基準は、シャンプー後にオイリーにも乾燥にも傾かない状態を維持できるかということです。かゆみやフケが出るなら頭皮に負担がかかっています。

おすすめしたいのはこんなシャンプー

市販のシャンプーで最も多いのは高級アルコール系シャンプーです。スーパーやドラッグストアで買える安価なシャンプーは殆どこれに当たります。泡立ちがよく洗浄力が強く洗いあがりがさっぱりしていますが、髪や頭皮にあたえる刺激が強く、抜け毛など頭皮トラブルがある人には向いていません。

抜け毛対策には弱酸性のアミノ酸系シャンプーをおすすめします。育毛シャンプーと言われるもののほとんどがこれに当たります。頭皮への刺激が少なくアレルギー体質や頭皮トラブルのある人に向いています。洗浄力がやや弱いので丁寧に洗う必要があります。高級アルコール系シャンプーに比べると価格が高いのが難点です。


こちら 育毛シャンプーランキング
こちら 正しいシャンプー法とは!

女性用育毛剤の効果について

男性用育毛剤との違い

女性と男性の頭皮の状態を比べると、男性のほうが脂っぽいといえます。このことから男性用育毛剤には多くの清涼剤が入っています。有効成分の濃度が高いものもあります。あまり高いと女性のデリケートな皮膚には刺激が強すぎる場合がありますので注意が必要です。

育毛剤は効くのか?

薄毛については、効果のある人とそうでない人がいるのが現状です。髪を作る毛母細胞は頭皮の奥にあり、育毛剤を付けても、有効成分が奥に浸透する前に流れ落ちたり、蒸発して毛母細胞まで届かないということがあります。どんなに優れた有効成分であっても浸透しなければ意味がありません。育毛剤の効果を期待するなら、浸透性の良い育毛剤を選びましょう。最近の女性用育毛剤には、発毛・育毛ための有効成分の他に、頭皮を柔らかくして育毛成分の浸透を助ける成分も配合されています。

女性用育毛剤 上手な選び方

育毛剤は頭皮の保湿、血行促進、抗炎症、抗アレルギーが目的です。育毛剤を選ぶ上で大事なことは、有効成分がしっかり入っているかということです。現在、はっきりとした発毛効果が認められているのはミノキシジル。これは医薬品であり、副作用に関しての報告もあります。女性の抜け毛対策には、植物抽出の有効成分を使った医薬部外品育毛剤がおすすめです。医薬部外品育毛剤なら副作用の心配はグッと減ります。ただし医薬部外品育毛剤は予防に重点が置かれており、効果に関しては医薬品に劣る傾向があります。

こちら

女性の抜け毛対策

女性の抜け毛対策では産後や授乳中、育児ストレスによる抜け毛など女性のための抜け毛対策を紹介しています。 女性の抜け毛や薄毛は40代以降方の悩みだったのが近年、その悩みが低年齢化しています。 女性の薄毛や抜け毛の原因として挙げられるのは大き分けて2つあります。

一つ目は栄養不足、睡眠不足、喫煙、ストレス、出産等によるホルモンバランスの乱れによるもの。 ホルモンバランスが乱れるとヘアサイクルが短くなり結果的に薄毛の症状が進行していきます。 2つ目は、頭皮環境の悪化によるもの。 パーマやカラーリング、シャンプーのしすぎ、間違ったヘアケアや化学成分等により、頭皮のダメージや炎症を招いたり、毛細血管の血液循環が乱れる事で毛が細くなったり、抜け毛が増えたりします。

では、このような状況にどう対処すれば良いでしょう。

まずは、ヘアサイクルを正常に戻さなくてはいけません。 そのためには毎日の正しい頭皮ケアが重要になります。 髪は女の命! 女性にオススメの育毛剤、安全性に妥協なし。体にやさしい育毛剤を選びましょう。

育毛剤 ランキング

育毛シャンプー ランキング

Copyright © 女性の抜け毛対策 All rights reserved